クローバーフィールド・ブックス

アクセスカウンタ

zoom RSS 88 本読んでタルト焼いて

<<   作成日時 : 2012/12/15 12:19   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 20

ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読み切ったーーーーーー!
なんちゅう長さなんだ・・・。


(特に読み始めましたというお知らせもしてないのですが)



いや、ほんと長かったです。


基本的には、今さら昔の名作なんて読みたくないと思っていたのですけど、
こういう昔の本は若い時に読んだ方がいい、と深く思っていたのですけど、
新潮文庫のYondaくんグッズが欲しい、という名目で買ってみました。






そしたら。


・・・・・やたら面白かったです。ドストエフスキー先生。すごいわ。



なんだろう。
なんだか負けた気分がするのはなぜだろう。



「名作ですよ」「面白いですよ」と言われたものを読んで、
まんまと面白かった時って、ちょっとシャクに触るような、、。



自分で見つけた面白さじゃないからかな。
もやもやもや。


画像
今回もらったYonda?ブックカバー。20冊でもらいました。今度は100冊貯めよう。





***


そんな今週のウイークデイ、ふたつタルトを焼きました。



『85』で書いたパン作りに使ったシリコンの容器で、タルトも作れるとの事で。

画像
バナナとくるみのタルト




本ではアプリコットのタルトだったんですが、杏があんまり好きではないのでバナナにチェンジして・・。

粉はまめ父先生部長の旦那さん)に頂いた40メッシュ通しの中力粉です。

Premium粉を注文した時に、「違いが分かるから入れてあげて」って、おまけして入れてもらった粉なのです。
本当にありがとうございます。大切に使わせてもらっています。m(^ ^)m





画像
こっちはみかんのタルト


(こちらはふすま分の少ないPremium粉で)



画像



アラフォー粉はざっくり焼けるのでバナナとくるみに合って、
みかんには繊細なPremium粉がとても合いました。




どっちもなかなかおいしくできたので、細くカットして、ちまちまこの休日に食べようと思います。
ほくほく♪






そうだ、今日は台所の掃除だわ・・・。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
ドストエフスキーは 罪と罰は ずいふん前にですが 読んだ事あります
カラマーゾフ〜は読んだ事ないなぁ
本読み 最近 全くしていないので 長いのは挫折しそう(汗)

タルト 美味しそうですね
バナナは定番な感じがしましたが ミカンって 意外でした
缶詰??
水っぽくなったりしませんか??
みるしっぽ
2012/12/15 17:45
読書の冬っすね♪
おこたに入ってみかん食べて本読んで…
僕なら寝ちゃう(笑)

ばななたると〜
今1番でんじゃらすタイム。
仕事終わって帰ってきて、晩御飯までの空き時間…
ちょー腹ペコなんですけど〜。
PCの写真にかじりつきそうです(* ̄m ̄)ププッ
ケン坊
2012/12/15 18:16
クローバーさん、こんばんは。
カラマーゾフの兄弟読み終えられたんですね。すごい!今わたしには読破できるかしら。はじめて読んだのは、高校時代だったかしら。近所の男の子と読後感でずいぶん長い間話し合った記憶が・・・。今年の春だったかしら。罪と罰を朗読で何夜にもわたって聞いたことがあります。もうその間は夢にまで出てきて・・・大変な思いをしました。朗読していた男性の暗く重い声がまだ耳元で・・・。ドストエフスキーはほんとうに心理描写がすごいですね。うちの母がドストエフスキーを読んでから、日本人の精神の薄さにあきれたと言ってましたね。わたしは罪と罰をはじめて読んだのは高校1年のとき、ある友人の母親を心底憎んでいました。で、この話はわたしの心にかぶさるものがあって、そういう人間は殺していいんだ、いや死ぬべきだと・・・しかしその罪におののき・・・まさに主人公と同じ心の逃避を・・・そして現実のわたしは人殺しもせず、学業にのめり込むことで、彼女の愚かさを乗り越えることにしました。そんな若い日のことも思い出しています。
 「死の家の記録」これもまた壮絶ですよ。なかなか読みこなせていませんが。
ののはな
2012/12/15 20:44
えー、部長はドフトエフスキーも太宰も読まずに、大人になってしまいました。
だって・・・、読んだあと落ち込んでしまうような気がして。(逃げました。)

粉の味を比べてくれてありがとうね。
バナナ、みかんどっちもおいしそうなタルトだね。
みかんは、生?缶詰?
きれいだねぇ。
今日ね、moekoが焼いてくれたブラウニーをひいおばあちゃん持って行ったの。
ひいおばあちゃん、すごくうれしそうに食べてくれたの。
ひ孫が作ったのを食べられたひいおばあちゃん、ひいおばあちゃんに食べてもらえたmoeko。
よかった〜。
部長
URL
2012/12/15 22:18
ア、アラフォー粉て。
・・・。
あれ、ツッコミどころ間違えてます?
とうい
2012/12/16 01:47
Yonda?のブックカバーが格好いい。
でも、カラマーゾフ記念日には、もっと
オマケの記念品をくれてもいい気がします。
罪と罰でも、十分お腹いっぱいでしたけど…。
yasuhiko
2012/12/16 11:55
みるしっぽさん、こんにちは。

罪と罰、私はこっちを読んだことがないですよ。
読んでみたいなぁ。今度挑戦しよう。

『カラ兄』は、話が長いのも長いんですけど、ドミートリ
ィをミーチャと呼んだり、アレクセイがアリョーシャにな
ったりアリョーシカになったり、「誰あんた!?」なペー
ジ続出でまいりました。ーー;
唯一スメルジャコフだけは愛称がなくてよかった。ふう。
(にしても変な名前)

みかんタルトは缶詰で作ったんですよ♪
本当は生で作りたくて・・・。
シロップ浸けだから甘くなりすぎるんですよね。
水っぽくはならなかったですよ。
本のレシピでは生のグレープフルーツで作っていました。
ちょっと酸っぱいフルーツの方が向いてると思います。
レモンでもイケルかな。
クローバー
2012/12/16 14:59
新潮文庫のYondaくんグッズが
いいですね
粉を替えてのタルトが凄いです
材料によって替えるとお味も
違って来るのでしょうね
みかんのタルト食べてみたいです
桜桃
2012/12/16 15:00
ケン坊さん、こんにちは。

おこたで読書は危険な組み合わせですよね。
すこしばかり不快さを残した環境でないと、眠っちゃいま
す。
ベストは、ドトールのふかふか独り掛けソファかなぁ。
スタバのカウンター席も好き。
コメダだとメニューに気が散るからちょっと駄目で・・・
。( ̄∀ ̄)
あ、家ならなるべく椅子で読むようにしています。

でんじゃらすタイム、思わず冷蔵庫開けたりパンあさった
りしちゃいませんか〜?
それでおなかいっぱいになっちゃったりも・・(笑)
クローバー
2012/12/16 15:09
ののはなさん、こんにちは。

『カラ兄』読了したの高校生でしたか。すごいな〜。
感想を言い合える方がいたのもいいですね。
『カラ兄』、もっと読みづらいものだと思っていましたが
とても面白かったです。

夏目漱石を最初に読んだ時の読みづらさを想像していたん
ですが。でもいまや、夏目漱石の『虞美人草』は私の好き
な本ベスト5に入っちゃってて。生き残る古典にはやっぱ
り凄みがあるのかなーと。

『罪と罰』は読んだことがないんです。
正しい事をしたつもりで人を殺し、予想外の罪もかぶさっ
て罪悪感に苦しむ話、だったかな。
誰にでも思い当たる気持ちなのかもしれないですね。
誰かを憎んだ時は、がんじがらめにされてる気持ちになり
ますね。がんじがらめにされてる事が、また憎しみになる
というか。
そういう気持ちを捉えるのがうまいのが、ドストエフスキ
ーなのかなぁ。

「死の家の記録」タイトルからして壮絶ですね。
でも面白そうです。読んでみよう。
クローバー
2012/12/16 15:20
部長、こんにちは。

太宰はねー、私も一冊も読んでないですよ〜。
でも太宰のルックスは嫌いじゃないので憎めなくて・・・
( ̄∀ ̄)(読書を何だと思ってるんだ)

ドストエフスキーの話は、私からすると全然暗くないです
よ。むしろ面白いです。落ち込むこともなかったよー!
『カラ兄』は好色な親父とか、ひねくれた次男とか天使な
三男とか出てきて、刑事裁判の時はまるで推理小説みたい
で。えええーどゆこと!?って考えてる間に読み終えてい
ました。

このタルト型、めちゃ簡単にさくさくタルトができるんで
すよ。だからふたつの粉を使ってルンルン作りましたよ♪
みかんは缶詰を使いました。
ちょうど家にあったから使ったんですが、生のみかんのが
酸味があってよかったと思います。

moekoちゃん、お菓子作りのウデ上げてますね。
ひいばあちゃんがいるってだけでも嬉しい事なのに、そん
な交流、素敵だなぁ。
クローバー
2012/12/16 15:27
とういさん、こんにちは。

レディーに対してアラフォーなんて。やあねもう。
アラフォーの熟成されたエキスが入った粉なんだから。
おいしいんだから。

って。うそうそ。(;^^)ノシ

アラフォー粉って、部長のとこの小麦粉を40meshのふるいでふるった物なのです。
今年からは名前が変わったんですけど、呼びやすくて、
つい。当たり前になってて、何の違和感なく使っちゃっ
てました。
ナイスツッコミありがとうございます♪
クローバー
2012/12/16 15:35
yasuhikoさん、こんにちは。

ブックカバー、黒とオレンジがあったのですが、迷わず黒
にしました。
実物はちょっとごわっとしてるんですが、確かに頑丈だし
チャックもあるし、持ち歩くのに重宝しています♪
カラマーゾフ記念日っていいですね。
確かにそんな記念日にしたいくらい、どっしりしてるし、
妙な愛着を感じる本でした。
毎年カラマーゾフ記念日には、三兄弟の名前を言えるか?
クイズでもしようかなぁ(笑)(誰も答えられなさそう)
クローバー
2012/12/16 15:41
桜桃さん、こんにちは。

Yondaくんグッズ、毎回つい応募してしまうんですよ。
前回は30冊で絵本をもらいました。¬(^^¬)
毎回今度こそ100冊貯めようって思うんですが、100
冊はいつも置物系が多いので、なんだかんだ実用的なやつ
で手を打ってしまって。

タルトは、粉と混ぜ方で味がずいぶん変わると思います。
全粒粉だと余計に違いますよ〜。
ああ、ご近所なら・・・お持ちするのにぃ。
クローバー
2012/12/16 15:55
こんばんわ〜!
お久しぶりです〜!
(*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪
お菓子、相変わらず上手ですね。
いつも感心します。
あったかいうちに食べるんですかね。
バナナとくるみって合うんですね〜
食べてみたい・・・←自分で作れ
Qたろ
2012/12/16 22:58
ドストエフシキー。
『罪と罰』で、ソーニャはロージャに言いました。
あなたがけがした大地に接吻をしなさい。
ロージャはふるえる歓喜に驚く。
・・・だったかな。
わたしが小説を貪り読んでいて、じきに『カラマーゾフの兄弟』も、と思っていると、だんだん小説を読まなくなってしまって、『カラマーゾフの兄弟』は、わたしが小説、と言うか文学熱がたまにちょっと再燃、再々燃すると、うち意識してしまう作品なんですよね。
そうですか。読破なさいましたか。
「まんまと面白かった時って、ちょっとシャクに触るような」となるのって、いくつもの巡り合わせで、出逢いが遅かったことになるのか、これは、なんてご不安とか・・・。
(まったくそんなのとは違うかな)
宮部みゆきが、司馬遼太郎作品を読みお始めた時に、ちょうどここでのクローバーさんと同じような趣旨を、クローバーさんとは形を変えて発言されてましたが。

それと、
タルト。タルトか。すごいもんだ。こんなことを・・・。

あ、
台所のおそうじ?
おつかれさまでした。
あたしも、きょう、おそうじはがんばっちゃいましたよ。おそうじぐらいなんでね、趣味って・・・。
ナツオ
2012/12/16 23:06
遠ーい昔に「罪と罰」を読んだ記憶があります。家に誰も読まない文学全集があり、私はロマン・ロランからかじり始めたのですが、ドストエフスキーのその余韻は1週間位続いていたような・・・・。
私の友人はこの年(?)になって、初めて読んで感動したといっていましたから、やはり名作は時を超えていきますね。

タルト、おいしそう・・・。
m's garden
2012/12/18 07:21
Qたろさん、こんばんは。

お久しぶりです〜(*´ω`)人(´ω`*)♪
お菓子、とても簡単に焼けるんですよー。
綿棒とか使って丁寧に焼いたものじゃないんですけど、家
でのおやつにとてもおいしかったです♪
いちお、冷ましてから食べた方が味がなじむと思うので、
冷ましています。
ももちゃんと作ってみて下さいね〜。(^^)ノ
クローバー
2012/12/18 22:48
ナツオさん、こんばんは。

ナツオさんは『罪と罰』をお読みになったんですね。
ドストエフスキーはちょっと敷居が高くて、私の場合、若
いころには読もうと思った事もなかったんですよ。
というか、若いころって、自分の事若いって思わないよう
な・・・。(思うかな)

何年も経ってから、若かったなとは思うんですが。
だからもっと他に読む本がある、と思って古い本は避けて
いたように思います。でもなぜかふと読みたくなって。

まさかこんなに面白いとは。
もしかしたら『罪と罰』のが真面目な感じなのかなぁ。
『カラ兄』はドミートリィが愛しかったです。

あ、シャクっていうのは、
こう、あまりに有名な作品というのは、自分で読もうと決
めて読んだつもりでも、「ほら、おもしろかったでしょ」
って、誰かに言われてるような気がするんだと思います。

宮部みゆきさんはどんなニュアンスだったんだろう・・。
(^ ^)
クローバー
2012/12/18 22:58
m's gardenさん、こんばんは。

今日ふらっと本屋でドストエフスキーの棚に寄ったら、
『罪と罰』だけ売ってなくて。
どうしても読みたかったのですが〜。
ドストエフスキーで一週間の余韻・・・わかる気がします

『カラ兄』は上・中・下ですが、下に行くほど面白くなっ
て、そういう本ってなかなかないですよね。
しばらくは古い名作を読み続けそうです。
クローバー
2012/12/18 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
88 本読んでタルト焼いて クローバーフィールド・ブックス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる